JFCネットワークは、日本人とフィリピン人の間に生まれた子どもたち(Japanese-Filipino Children:JFC)を支援するNPOです。

特定非営利活動法人 JFCネットワーク

ニュース詳細

活動報告2018.06.20

移住連のワークショップ 札幌に参加してきました♪

大変、遅くなりましたが、6月9日(土)-10日(日)、と札幌にて移住連全国ワークショップに参加してきましたので、そのご報告です♬


会場は数年前に建ったばかりだという北星学園大学で行われました。参加者は、北海道内からの参加を含めて予想を190名以上の参加があったそうです。


1日目の全体会では、「排外主義を克服するために~体験的アジア交流論~」と題し、元朝日新聞記者の植村隆さんによる基調講演がありました。皆さん、記憶にあるかたもいらっしゃることと思います。梅村隆さんは、従軍慰安婦
問題の記事を書いたことに対するバッシングを受け、当時勤務していた北星学園大学や家族にまでもさまざまな執拗な攻撃にさらされた方です。


当時のご自身へのパッシングの状況や大学や家族(特に娘さん)への嫌がらせの状況を語ってくださいました。


当時高校生だった娘さんが顔写真までネットで公開され、ひどい書き込みや嫌がらせを受け、ご自身だけでなく、さすがに娘にまで攻撃が向かうととても申し訳ないという気持ちになられたと話されていました。

しかし、そのような状況の中、娘さんご自身は、「韓国人!」と呼ばれたことに対し、「私、韓国人だから、べつに気にしない」と平然とした態度でいてくれたことが心強かったとおっしゃっていたことがとても印象強く私の心に残っています。

 

その後、①労働、②技能実習、③移住女性・貧困、④入管・難民・収容、⑤地域社会、⑥子ども・若者、⑦医療・福祉・社会保障、⑧人種差別・ヘイトスピーチの8つの分科会に分かれて、それぞれの課題についての情報共有と討
論を深めました。


私は毎年、「移住女性・貧困」の分科会に出席しています。今年は、一日目に;

①稲葉奈々子さんと高谷幸さんから「移住女性を対象とした就労調査報告」

②ルイサ・ニシオカさん(移住当事者)から「就労の現場、移住者の支援団体での相談から」

③李善姫(イソンヒ)さんから「韓国の多文化政策、移住女性支援の活動から学ぶ」

の報告がありました。

その後、原めぐみさんが司会のもと、参加者が4つのグループに分かれ、政策提言に向けたワークショップを行いました。

それぞれのグループごと、とてもまじめに話し合いが行われ、各グループごとの発表を経て、最終的に4つの提案が出されました。

【提案1】移住女性への包括的な権利保障のための定住外国人対象の法制度の整備
【提案2】移住女性の個別ニーズに応じた日本語教育と幅広く選択肢のある就労支援
【提案3】移住女性とその子どもたちの尊厳を守る多文化人権教育の推進
【提案4】定住外国人が参政権を得るためのキャンペーンへの全面的な応援

 

私は、当事者(フィリピン人)のグループに加わっていたのですが、「参政権」と「ファミリーカウンセリングの充実」を求める声が強かったです。

移住者たちが自分たちの置かれている状況の改善を求めていきたくても、参政権がない、ということは日本社会から日本の政治からはアウトサイダーだとする象徴だと思うので、その権利を求めて行きたいという発言にはとても納得しました。

 

ファミリーカウンセリングは、移住者当事者への母国語でのソーシャルワーカーのカウンセリングの充実の他、日本人の配偶者側(特に夫)へのカウンセリング、両者合同でのファミリーカウンセリングの充実を求める声もありました。

 

国際結婚や子育てには両者の習慣や文化の違いを互いに衝突する場面も多く、DVや離婚も多いのですが、母子が逃げて終わり、離婚しておしまい、ではなく、夫へのカウンセリング、夫婦へのカウンセリング、家族へのカウンセリングを充実させることで、DVや離婚も少なくなるように思う、というコメントにもなるほどと思いました。

 

2日目の全体会では、各分科会から、課題別の「私たちの政策提言」を発表しました。その後、国連のSDGsや今年採択予定の難民移住に関するグローバルコンパクトなどの動きを共有してもらい、移民社会を支えるために必要なコンセプトについて、参加者それぞれが意見を出すワークショップを実施しました。

 

全体会の最後には、6月5日に出された「骨太の方針2018」(原案)に示された新たな就労資格の創設をふくむ外国人労働者受け入れ拡大方針についての共有がありました。

 

毎年のことながら、充実した2日間でした。全国でがんばっている方々に1年に1度会い、元気をもらい、また、1年がんばろう、と思った2日間でした!


2日目の全体会の終了後、札幌を少しフラフラしてきました。ちょうど、あちらこちらでよさこい祭りが行われていて観ることができました。迫力満点。素晴らしかったです。私も加わりたい(^^;。

札幌教会ではちょうど英語のミサが行われているときだったため、私は信者ではないのですが、ミサに参加させてもらいました。

とても歴史の古い教会で、礼拝堂はとてもステキでした。特に天井が気に入りました(^^♪


せっかく、札幌に来たのだし、ということで、お昼はサッポロビール園でジンギスカン、夜は札幌ラーメンを食べました。


幸い、札幌駅で倉本聰さんの点描画展が開催中だったので、観ることができました。こちらもラッキーでした。


かなり寒かった札幌ですが…、お陰で民芸品のショールが売れました。(o^―^o)ニコ2 3 4 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 17 19 20