JFCネットワークは、日本人とフィリピン人の間に生まれた子どもたち(Japanese-Filipino Children:JFC)を支援するNPOです。

特定非営利活動法人 JFCネットワーク

ニュース詳細

活動報告2020.01.28

第6回フォトワークショップを行いました♪

先週の土曜日1月25日は5回目、最後の写真ワークショップがありました。

 

3人のJFCフォトグラファーと、オブザーバーとしてフィリピンのBatisでソーシャルワーカーをしていたローズさん、BatisメンバーのJFCも加わりにぎやかな回となりました。

 

フォトグラファーには、これまでに撮りためてきた写真のプリントアウトを見ながら、その写真にまつわるストーリーを語ってもらいました。

 

参加者の一人である、高校生のJFCは家族とのだんらんの写真や、教会の写真、学校の写真をたくさん撮っていました。

 

フィリピン生まれの彼は、お母さんがずっと日本で働いていたため、家族だんらんのときを過ごせるようになったのは、日本に来てからのことだそうです。

現在通っている教会では、アフリカ、中南米など、さまざまな国の出身者が多くいます。こうして多様な人種の人が集うグループに参加するのは初めてのことだと、話していました。

 

 

高校に入ったばかりのころは、言葉がわからず、友だちもなかなかつくることができませんでした。そんな生活を変えたいという思いから、写真部に入ったそうです。

体育祭などの学校行事では写真部員として撮影を担当し、撮影を通してクラスメイトとの距離が近くなっていきました。自分の役割を果たすことで、学校に居場所を見つけることができたとも話していました。

 

 

シャッターを押し、写真を撮るという行為自体は何のことはありませんが、こうしたJFCの語りを聞くと、一枚一枚の写真が心の中を写し出していることがわかり、

写真で表現することの意義に、あらためて気づかされました。

 

 

ワークショップのあとには、成人式を終えたJFCのお祝いを兼ねた打ち上げをおこないました。ワークショップを通じてJFC同士の親睦も深まったようです。

 

ワークショップ参加メンバーで撮影した写真は、4月発行予定の日本語版「Made in Japan」に掲載予定です。また5月には出版記念イベントをおこない、そこでは収録できなかった写真の発表もできたらと考えています。

 

どちらも楽しみにお待ちください♪
(報告者:野口和恵)

 


Made in Japan

ワークショップワークショップ2 ワークショップ2 ワークショップ3