JFCネットワークは、日本人とフィリピン人の間に生まれた子どもたち(Japanese-Filipino Children:JFC)を支援するNPOです。

特定非営利活動法人 JFCネットワーク

支援者の声

[ 会員として ]

  • 原島博さん

    原島博さん
    (大学教員)

    フィリピンには、日本人のお父さんと連絡が取れずにフィリピン人のお母さんと暮らす子どもたち(JFC)が増えています。フィリピンでは、このような日本につながる子どもたち(JFC)の権利が必ずしも守られているとは言えません。JFCネットワークの活動は、現地事務所「マリガヤ・ハウス」にマニラの拠点があり、フィリピン人のお母さんとJFCの子どもたちへのしっかりと寄り添える体制が作られているので、安心できます。JFCネットワークのニュースレターには、毎回、子どもたちの事例が取り上げられているので、取り組みがよくわかります。会員にはJFCネットワークの活動にいろいろな形で参加でるので、興味、関心に応じた参加方法を選ぶことができます。

  • 根岸伊作さん

    根岸伊作さん
    (マーケテイングコンサルタント)

    フィリピンと日本の関係は500年に渡ります。現在のマニラ市パコ公園には1614年徳川家康のキリシタン禁止令によりフィリピンに追放され没したキリシタン大名高山右近の銅像が立っています。疲弊した日本の農業救済のために日本政府が奨励して農家を海外に送り出した先の最大の入植地はミンダナオ島でした。フィリピンに残された「日比残留孤児」の問題も未解決のままです。日本に暮らすたくさんのフィリピン人の母親とそのJFCの子どもたちの抱える問題は、もはや国際的に通用しない日本の法律や制度、一部の人たちの国民感情が新移住者の日本社会への同化や必要な援助を難しくしています。ロビー活動、メディアへの働きかけ、当事者のエンパワーメントなどは、個人としての力には限度がありますが、サポーターとなることで個人の力が集まり大きな力となり、不可能を可能にしていけると信じています。

  • 鈴木雅子さん

    鈴木雅子さん
    (弁護士)

    JFCやその家族が抱える問題は様々です。在留資格や認知、国籍などの法的な問題、学校や教育にかかわる問題、日々の生活にかかわる問題・・・。様々な問題が絡み合っている場合も少なくありません。JFCやその家族にとって、JFCネットワークは、自分たちが抱える様々な問題を、自分たちの言葉で伝えることができ、これを受け止め、ともに考え、複数の問題が絡み合っている場合はこれをほぐしながら解決の道筋を示してくれる、頼もしい存在です。私は、JFCネットワークがこれからもJFCにとっての拠り所であり続けられるよう、そして、一人でも多くのJFCの笑顔が見られるよう、弁護士として、支援者として、JFCの活動に関わり続けます。

[ JFC奨学金サポーターとして ]

  • 宮内博史さん

    宮内博史さん
    (弁護士)

    2010年に初めてマリガヤハウスを訪れました。在フィリピンのJFCたちととても楽しいひとときを過ごしたのを今でも覚えています。JFCたちは、日本とフィリピン、それぞれのアイデンティティを持っていて、個性豊かで明るい子どもたちばかりでした。設立以来、JFCネットワークは、JFCたちが本来当然に受けられるべき保護や援助を確実に受け、笑顔の中で成長できるよう、精力的に活動されてこられました。その活動に敬意を表するとともに、私自身も弁護士として、JFCネットワークと連携・協力しながら、JFCの支援に携わりたいと思っています。国籍やバックグラウンドによってではなく、人であれば誰しもが尊重され、保護される社会が実現できれば、JFCのみならず、私たちの社会全体が明るくなるのではないでしょうか。